アーセナルFCが教えてくれたこと

fullsizeoutput_18c71
LINEで送る

8月24日より4日間開催された「U-12 ジュニアサッカー ワールドチャレンジ2017」に出場するためにイギリスよりアーセナルFCが来日し、8月23日に北市川フットボールフィールドを訪れ、アーセナルSS市川の選手たちと交流しました。

その模様をジュニアサッカーの保護者向け情報サイト「サカイク」が伝えてくれました。記者さんが伝えてくれた内容はまさに私がうちの選手や親御さんに伝えたかったものであり、ぜひ下記タイトルをクリックして読んでいただければと思います。

アーセナルFCが日本に残した「知られざる足跡」から見えた、世界との差を埋めるヒント

彼らが北市川FFに到着してすぐにクラブハウスのロッカールームで着替えて、写真のように選手だけでミーティングやってる様子がドア越しに聞こえてきました。翌日から始まる大会に向けて、しっかり調整するのが一番の目的だけど、ここで日本の選手たちとしっかり交流して親睦も深めようと話し合ってました。

サッカーの本質はピッチの上での自立です。サッカーは一人の選手がシュートやドリブルやパスといったボールを持っている時間はたったの2、3分です。残りの88分間はボールがないんです。ボールがないのに、自分の役割を探してピッチを駆け回るんです。いってみれば、サッカーは裏方の仕事探しゲーム。だからこそ、常に周りを見渡して、自分に求められることを理解して、即行動に移して走らなくちゃいけないんです。

アーセナルFCの子供達はコーチたちに言われるまでもなく、自分たちに求められることを理解して、大人としての振る舞いをしていました。それはサッカーというスポーツはイギリスで生まれ、彼らのメンタリティに合わせてできているスポーツだからです。個人主義だけど、組織の大切さも理解しながら、行動する。サッカーで言えば、組織が大事な中盤ではしっかりパスをつなぎ、アタッキングサードではリスクを冒してチャレンジしてディフェンダーを抜いてシュート打つといいうことです。

サッカーというスポーツがそういうメンテリティを求められている以上、私たちもそこから逃れられないんです。タクシーに乗れば自動ドアで開き、駅に行けばうるさいほどチャイムが鳴り、喉が乾けばどこでも自動販売機で買える。至れり尽くせりが当たり前の日本では子供が自分でやらなくたって、周りの大人が全部用意してしまうんです。

そういう環境に慣れた子供達がピッチにやって来て、自分で考えてプレーしろって言われても難しんですよね。だからこそ、私たちも親御さんと協力しながら、どうやってピッチの上で自立した選手を育てていくか考えていかないといけないと思っています。

 

LINEで送る

シリア人難民ジャマルの夢への挑戦

LINEで送る

日本代表がシリア代表と戦った昨日、シリア人難民のジャマル(25歳)は、シリア代表が戦った味スタから50km離れたアーセナルSS市川の専用グランドで、黙々とリハビリに励んでいました。

彼と初めて会ったのは昨年暮れ。難民支援協会から日本でプロを目指したいシリア人難民がいるから手を貸してくれないかということでした。その時、世界中に500万人くらいいるシリア人難民のうち、日本政府が難民として受け入れているのがたった6人しかいないことを知りました。ジャマルはその6人の中の1人です。

ジャマルは小さい頃からシリアでプロサッカー選手を目指し、3部、2部と順調にステップアップし、とうとう1部リーグの強豪「ALWEHDA」にプロとして2011年に移籍しましたが、その年に現政権を倒し民主化を進める革命「アラブの春」が起こり、内戦が悪化し、シリア代表合宿に召集されたにもかかわらず、参加が叶わなかったんです。ジャマルによると、その時のシリア代表選手のうち5、6人はアサド政権に反対して殺害されたといいます。空爆が悪化した2013年10月にジャマルはシリアを脱出して、レバノン経由で日本にやって来ました。

来日してから3年間は必死に家族のために働き、2年後に難民認定され、少しずつ生活が安定して、この4月には明治大学にも入学しました。そういう中でかつてプロ選手としてプレーしていたサッカーへの夢をこの日本で再び挑戦したい気持ちが沸き起こったと私に熱く語ってくれました。

そこで彼の実力を見極めようと私のチームで試合をしてもらおうと思ったのですが、昨年11月に肉離れしたハムストリングが治るまで待とうということになりました。しかし春になってもなかなかよくならないというので、うちのクラブに呼んで、フィジカルトレーナーに診察してもらって、リハビリトレーニングを現在行なっているところです。あと、2、3週間で実戦に復帰できる見込みで、その後、彼の実力を見極めた上で、Jへの挑戦に手を貸すつもりです。

着の身着のままでシリアを脱出して、まったく知らない国にやって来た彼の夢への挑戦の道程を通じて、日本でも多くの人たちにシリアの現状に関心を持ってもらえたら嬉しいです。アーセナルの子供達にもこの機会を通じてシリアの話を親御さんからしてもらえると嬉しいです。ぜひ詳しくは下記の記事を読んでください。

北市川フットボールフィールドで彼を見かけたら声をかけてあげてください。

日本でプロを目指すシリア難民の挑戦 #1
https://victorysportsnews.com/articles/2473/original

日本でプロを目指すシリア難民の挑戦 #2
https://victorysportsnews.com/articles/2615/original

日本でプロを目指すシリア難民の挑戦 #3
https://victorysportsnews.com/articles/2712/original

日本でプロを目指すシリア難民の挑戦 #4
https://victorysportsnews.com/articles/2738/original

fullsizeoutput_16c6aIMG_7046d2c62e480185d1bd6229ffa09aa34be1c5421fea8a8ec5ecf6e310146e43b0ba@3x

LINEで送る

新体制

fullsizeoutput_15175
LINEで送る

2月1日より新体制がスタートしました。

かつてマンチェスターユナイテッドやスペイン代表で活躍し、昨年夏まで2年間、日本代表GKコーチだったリカルド・ロペスをテクニカル・ディレクターとして迎えました。コーチ陣も新たに、森亮太U-18監督、左枝篤U-13監督、南里雅也U-12監督、木下洸太郎レディース監督、佐々木和之テクニカルスタッフが加わりました。

クラブ創設3年目を迎える今季は、新たな飛翔の年と位置づけ、これまで基礎を築いてきたものをさらに世界基準をテーマに進化させるべく、大幅に人事を刷新しました。

クラブでも代表でもまさにトップを経験して来たリカルドを筆頭に、コーチ陣も森と左枝がスペインで経験を積んでスペイン語も自在に話せます。南里もU-12の世界で町クラブをJクラブに匹敵する強豪に育て上げた実績を持っています。

リカルドがクラブレベル、代表レベルで世界のトップとして活躍してきた経験をクラブに落とし込んでもらって、コーチ陣が日常のトレーニングだけでなく、オフザピッチに至るまで、勝者のメンタリティを浸透させていきたいと考えていますので、どうぞよろしくお願いします。

IMG_3168

LINEで送る

アメリカという新たな道

IMG_3148
LINEで送る

1月にうちのグランドで調整しにアメリカ・MLSのトロントFCに所属するMF遠藤翼選手が来てくれました。
遠藤選手は息子の志有人とJFAアカデミー福島の同級生で、アカデミー卒業後にメリーランド州立大に進学し、昨年1月に開催されたMLSのスーパードラフトでトロントに1巡目指名されて加入しました。
これまで日本人のサッカー選手が海外でプロを目指す場合に、欧州を目指すことが主流でした。そこをカナダの名門大学で勉強とサッカーを高いレベルでこなしながら、ドラフトによって、アメリカ最高のサッカーリーグであるMLSのチームに加入するというのは日本人初で素晴らしい道を切り開いてくれました。
遠藤選手は体が小さいこともあって、JFAアカデミー福島時代も決してレギュラー選手だったわけではなく、それでもしっかり夢を持ち続けて、カナダの名門大学で英語をマスターし、サッカー選手として成長を続け、とうとう頂点まで上り詰めたんです。トロントFCには元イタリア代表のスーパースター、ジョビンコ選手も所属していて、開幕先発の座を射止め、先発5試合目には初ゴールも記録しました。
アーセナルSS市川の選手にも、アメリカ、カナダやオーストラリアの大学で学びながらサッカーを続け、プロを目指すという道もあることを知ってほしいです。

20160510090835c36 f93c72a466a4d6e2013f221e85fe22f6

LINEで送る

溢れるパッション

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-01-9-57-37
LINEで送る

10月に湘南ベルマーレのアカデミーGKプロジェクトリーダーを務めているジョアン・ミレット氏と元日本代表GKコーチのリカルド・ロペス氏を招いてトレーニングセッションを行いましたが、とても素晴らしい内容でした。

ジョアンに最初に会ったのは彼の講習会にでた時で、もう3年くらい前になると思うけど、これまでGKトレーニングでは当たり前だと思われていたことが違っていたり、何よりも選手に対する論理的な説得力が素晴らしく、いつかアーセナルに招いてレッスンしてほしいなと思っていたことが実現しました。実際の彼のトレーニングセッションを受けた選手たちも、目から鱗が取れるような発見がたくさんあったと興奮して話していました。

リカルド・ロペス氏は出場経験は少なかったけど、あのマンチェスター・ユナイテッドに3年間所属して、2002年の日韓W杯にもスペイン代表として参加するなど、素晴らしいキャリアを持っており、アギーレ元日本代表監督が就任する際、信頼のおけるGKコーチとして日本に連れてきました。そのアギーレが不本意にもすぐに退任することになったのにもかかわらず、リカルド氏だけがハリルホジッチ体制になってもそのまま継続して日本代表GKコーチを務めていたのは能力を評価されてのことで、この7月末まで約2年間にわたって日本代表のGKたちを熱意を持って指導していました。今回のアーセナルでのトレーニングセッションではフィールドコーチとして、ピッチを縦横に駆け巡りながら、選手に檄を飛ばすことによって、とてもメリハリの効いた素晴らしいトレーニングを実現していました。

この2人に共通しているのはパッション。サッカーというのはもともとイギリスで生まれて欧州や南米で育ったスポーツで、彼らのメンタリティに合ったスポーツなんですよね。ピッチにでたらシュートしようが、パスしようが、ドリブルしようが自分で考えて、自分で行動を起こす。そのエネルギーになるのが熱いパッションです。オンとオフの切り替えをうまく使いながら、ピッチに溢れんばかりのパッションがあるから、人の心を動かせるんだということを改めて教えてもらいました。

LINEで送る

第1回 FELICE CUP優勝

LINEで送る

茨城県波崎で開かれた第1回U-13FELICE CUPにアーセナルSS市川U-13が参加しました。
ROVERS木更津、横浜エスペランサ、PBJ千葉、清水エスパルス駿東、SC相模原、藤枝明誠、フェリーチェFC浦安が参加する3日間の大会で、フェリーチェ代表の元プロサッカー選手だった松原良香さんが、U-13カテゴリーは公式戦が少なく「本気の試合ができる機会」がなかなかないということで、開催したものです。

U-13の選手たちにとっては、初めての宿泊を伴う遠征で気合十分で臨みましたが、厳しい暑さや連戦の疲れもあって、初日から思うような試合運びができない場面もたくさんあったようです。しかし試合を重ねるごとに成長し、私は最終日に帯同したのですが、準決勝で横浜のエスペランサを、決勝で静岡の藤枝明誠を3:0で破って初優勝しました。

横浜のエスペランサは元アルゼンチン代表選手だったオルテガさんが代表を務めるクラブ。12年前に来日して、すぐにクラブを立ち上げ、時間をかけて各カテゴリーを強豪チームに育て上げ、人工芝グランドも自前で建設したパッション溢れる方で、私もアーセナルSS市川を設立するにあたって、目標としていたクラブでオルテガさんからは多くのものを学ばせてもらいました。また、藤枝明誠SCも静岡の名門強豪校である藤枝明誠高校の下部組織。予選では敗れたサッカーどころの強豪チームを破っての優勝はこれからの選手たちに多くの自信をもたらしたとともに、さらなるこれからのモチベーションを与えてくれたと思います。

アーセナルSS市川も8月より体制が変わり、さらなる発展のためにも新たなコーチ陣が今後加わる予定で、複数のコーチと具体的な詰めの作業が続いてますので、ご期待ください。

 

LINEで送る

FOOT×BRAINに出演します

IMG_2729
LINEで送る

4月23日(土)深夜0:50放送のテレビ東京のサッカー番組「FOOT×BRAIN」に出演します。

テーマは恥ずかしながらサッカーグッズです笑

なので、あまり声を大にしてPRできませんが、アーセナルSS市川のグランドも多少映りますので、よろしくお願いします。

ちなみに4月からテレビ東京のみの放送となってしまい、関東だけしか視聴できなくなりました。ただBSジャパンでも5月1日(日)深夜2:10から放送予定です。

 

LINEで送る

日本人選手が目指すべき新たな道

CYs6WuYWwAElPos
LINEで送る

先日行われたアメリカのメジャーリーグサッカー(MLS)のドラフト会議で遠藤翼選手が1巡目にトロントFCに指名され晴れてMLSプレーヤーになりました。
ニューイングランドレボリューションの小林大悟選手、 バンクーバーホワイトキャップスの工藤壮人選手に次ぐ3人目の日本人MLSプレーヤーです。最近のMLSはかつてのような引退間際のスーパースターしかいないという状況ではなく、現役の各国代表選手が活躍しています。トロントFCにもイタリア代表のジョビンコ選手が所属しています。
日本人がMLSのドラフト1巡目指名!震災を経験した遠藤翼が快挙

遠藤翼選手は、私の息子の志有人とJFAアカデミー福島の同級生で、一人っ子の12歳で家を出てからちょうど10年。Jクラブからのオファーを蹴って大学を選択する選手もいる中で、欧州志向の強い日本人サッカー選手がアメリカの大学サッカーでしっかり活躍してMLSプレーヤーになる新たな道を作ってくれました。

すごく苦労したけど、しっかり英語をマスターし、日本でいう京都大学のような名門メリーランド大学を卒業したということは、まだ先の彼のセカンドキャリアにもすごくポジティブに働くと思います。

今回のドラフトのために渡米する直前、北市川FFでコンディション調整してアメリカに向かいました。アーセナルの選手のみんなにもこういう道があることを知ってほしいな。ドラフトで指名されることを信じて、アメリカに向かう直前に遠藤選手との対談を収録しておいたので、ぜひ読んでください。

幸野健一のエッジな人「日本人初、ドラフト1巡でMLSに指名された男」遠藤翼(トロントFC)

LINEで送る

「受験かサッカーか」の二者択一時代の終焉

LINEで送る

かなり前から受験のためにスポーツをやめるという選択に疑問を持っていました。
私自身もサッカーは一度もやめないで両立し続けてきたけど、自分が関わった選手の中でハイレベルで両立させた選手はたくさんいて、その方が大きな成果を得られると確信しています。

オンとオフがあった方が、はるかにオンを充実して取り組めるし、誰もが同じ24時間を生きる中で、どれだけ効率的にデザインできるか考えるわけだし、その後の人生においてもそういう考え方を身につけた方が人生において役立つと思ってます。

東大に息子3人を入学させた佐藤ママがこないだテレビでスポーツを両立させるなんてとんでもないって言ってたけど、早くこうやって育った選手が社会の中で一定の地位を得られるようになって、見方を変えていってほしいです。

昨日国学院久我山は決勝で負けましたが、受験生を抱える親御さんには特にこの国学院久我山OBの選手のブログ読んでいただけたら。

小澤一郎さん記事『ある強豪校に見る「受験かサッカーか」の二者択一時代の終焉』に寄せて

LINEで送る

ラグビーから学ぶ

LINEで送る

10月31日に行われたラグビーのワールドカップの決勝戦で、ニュージーランドがオーストラリアを下して優勝を決めました。日本代表は南アフリカ戦を含め、素晴らしい戦いを見せてくれ、日本中に感動を届けてくれました。

2011年の女子ワールドカップドイツ大会で日本が優勝した時も同じだったけど、日本中の人たちが感動したわけです。外国人と比べて圧倒的にフィジカル的にハンデがある日本人がひたむきに戦っている姿が私たちの共感を呼ぶのだと思います。

サッカー界もラグビーから学ぶことはたくさんあると思います。一つはフィジカルです。これまで日本のサッカーでは、筋肉をつけすぎるとアジリティが落ちたりするとか言われて、筋トレはしない選手もいます。しかし、サッカー界ではクリスチャーノ・ロナウドに象徴されるように作られた身体でも素晴らしいパフォーマンスをする選手も出てきています。日本でもフィジカルの鍛え方を考え直す時期に来てるんだと思います。

アーセナルも時流に乗って、ラグビーの練習を取り入れています。しかし、あれだけサッカーではすごいテクニックとフィジカルを持つアーセナルの選手がラグビーやらせると、なんかぎこちないです(笑)

LINEで送る